「肥満を予防する食事」その心がけは?

肥満を予防する食事について

 

 

肥満になると高血圧や糖尿病などの病気のリスクが高くなってしまいます。日頃から、健康に配慮した生活をすることが、肥満の予防効果が期待されます。

 

肥満を予防するためには、運動不足の解消や生活習慣の改善などが重要となります。

 

予防の為に役立つ方法のなかでも、特に大切になってくるのが毎日の食事の内容です。

 

肥満の予防には、普段の食事の食べ方と、食事内容がポイントになります。欧米の食事や、丼食は、脂質や、糖質が多くなりがちです。野菜や海草類を必ず使うようにして、ビタミンやミネラル等を含むものを食べましょう。

 

タンパク質をきちんと取りながら、動物性脂質の過剰摂取は避けるようにし、脂肪になりやすい砂糖を使ったお菓子などはなるべく控えるようにします。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食材を使し、発酵食品も活用して腸内環境を改善することが、肥満対策には効果を発揮します。

 

よく外食をする場合やアルコールを摂取する機会が多いという人は、栄養が偏りがちになってしまうため注意が必要です。

 

肥満にならない食事の方法としては、1日3回の食事を欠かさないように、規則正しく食べることが大切です。

 

しっかりよく噛んで食べること、

 

お腹がいっぱいになる手前でやめること、

 

夕食後から寝る前の飲食は控えること

 

などが、ダイエットを意識した食事の基本スタイルです。時間外のおやつは控えることや、アルコールはできるだけ摂らないようにすること、外食は減らすことが肥満の要因になっています。